Home » インフォメーション » 詳細

インフォメーション

【NEWS】栃木県日光市鬼怒川温泉街の古民家

2017-12-03
栃木県日光市鬼怒川温泉大原の鬼怒川温泉街に位置する古民家店舗情報を更新しました。

鬼怒川温泉駅から徒歩圏内。 メイン通りに位置する温泉街散策路沿いです。 古民家ショッピング、古民家お土産屋、古民家カフェ、古民家喫茶店、古民家レストラン、古民家和食店、古民家洋食店、古民家のバックパッカー向けホステル、古民家民泊、古民家素泊まり宿など、昭和築の古い建物、引き湯可能な温泉源泉を活かした店舗向け古民家物件です。

賃貸でお貸ししますが、温泉街の更なる活性化の為、条件等々は柔軟に対応します。 脱サラ、クラウドファンディング、観光地ビジネスにご興味ある方、個人法人を問わずお気軽にご連絡下さいませ。

開業相談も無料にて対応致します。

V字回復の日光鬼怒川温泉。 平成29年度上期の東武鉄道日光地区の定期外旅客数が、対前年比約20パーセント増加と発表されました。本当に嬉しい事です。地元日光市は勿論、東武鉄道、JR、野岩鉄道、会津鉄道、各旅行会社、地元企業、観光協会、旅館組合様の努力が開花し始めました。  

東京スカイツリーの開業、日光東照宮400年式年大祭、平成の大修理の完了、東武新型特急リバティの運行、(東武浅草~とうきょうスカイツリー~北千住~春日部~栃木~新鹿沼~下今市~東武日光・鬼怒川温泉・鬼怒川公園・川治温泉・湯西川温泉・塩原温泉口・会津高原・会津田島間を運行) 東武鬼怒川線にSL列車の運行、(下今市~鬼怒川温泉間を運行) 中禅寺湖新型遊覧船運行、 ​東武鉄道による日光金谷ホテルの買収、 ​某高級ホテルチェーンの日光市内への開業、 ​2019年にはリッツカールトン日光の開業、 ​JR東日本によるトレインスイート列車「四季島」の日光乗り入れ、 ​成田空港から日光までリムジンバスの運行開始、 都心から日光鬼怒川へ高速バスの運行開始、 2020年東京オリンピックなど、 栃木県日光市はイベントやオープン情報などが好材料が満載です。

栃木県日光市へは、JR新宿・JR池袋・JR大宮~東武日光・鬼怒川温泉間を直通特急列車「日光」「スペーシアきぬがわ」が毎日運転し、季節運転でJR千葉・JR八王子・JR品川・JR横浜などからも運転されます。  

外国人観光客に人気の浅草・とうきょうスカイツリー・北千住から約30分毎に東武鉄道直通特急スペーシアけごん・きぬ・きりふり・会津・スカイツリートレインが東武日光・鬼怒川温泉・川治温泉・湯西川温泉・塩原温泉・会津田島まで運行しています。  

圏央道埼玉区間が全通し、神奈川(横浜・厚木・平塚・小田原・藤沢・湘南地区)・山梨静岡など富士山方面への車やバスでのアクセスが大幅に向上し、移動時間が短縮できました。  
更に本年度、圏央道の茨城区間(古河・常総・土浦・つくば方面)が全通し、29年度には外環道千葉区間(三郷・松戸・市川・浦安方面)が完成予定で、東京ディズニーランド、茨城空港、成田空港などから都心を通過せずダイレクトに行き来できるようになります。  

鉄道、バス、自家用車ともに、日光市は大変交通利便が良いリゾート地と言えます。    

温泉は、日光湯元温泉、日光温泉、鬼怒川温泉、川治温泉、湯西川温泉、川俣温泉、奥鬼怒温泉郷の加仁湯、日光澤、手白澤、八丁の湯など有名温泉地がありますが、、市内各所に日帰り入浴施設や足湯などがあるほか、白濁した硫黄泉や肌触りが良いなめらかな単純アルカリ泉など源泉のバラエティーも豊かで、四季折々温泉リゾートを満喫でき、特に冬の雪見露天風呂、秋の紅葉は格別です。

是非この機会に、魅力ある日光市鬼怒川温泉地区へご出店いかがでしょうか。   ​ 

上記は弊社グループ会社による所有者から直接依頼の仲介物件情報です。 客室数、泉質、立地、不動産物件概要など詳細については、お問い合わせ願います。

※ネットや雑誌媒体などに非公開非公表の極秘物件です。 外国企業の方もお気軽にお申し出ください。 他地域の旅館ホテルの売却買取賃貸、 売りホテル売旅館売温泉の情報がございましたらご相談ください。

皆様のお問い合わせを心よりお待ち申し上げます。

ヒロビジネスサポートグループ
電話03-3868-3157
info@herobiz.jp
お問合せフォームからも可能です。

インフォメーション
インフォメーション
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年

ページトップへ